ねっとり焼き芋🍠ダイエットにもGood✨

料理

美味しい焼き芋が食べたいなぁ、、、

さつまいもと言えば焼き芋🍠が定番ですよね( *´艸`)

あのねっとり食感と蜜が出た焼き芋、、、美味しいですよね( *´艸`)

そう言えば、さつまいもは体にもいいしダイエットにも適しているとよく聞きます。

でも具体的には?なにがいいのだろう、、、ということで調べてみました!

皆さんご存知な人も多いと思いますが、食物繊維がたっぷり。なので便秘解消にも良いですよ♪

食物繊維は腸の運動を活発にしたり、腸内で発酵してビフィズス菌を増やして整腸したりする作用があります♪

そしてさつまいもには、100グラムあたり3~4グラムの食物繊維が含まれています♪この量はキャベツや白菜を上回っていて、野菜界のなかでもトップの量なのですよ(*^^*)

生の野菜はちょっと苦手、、、という人もさつまいもなら食べられますね✨

厚生労働省が推奨する1日の食物繊維摂取量は19グラム。

そ、そんなにとれな〜い、、、(๑º ロ º๑)って思いますよね💦でも!ここですごいのがさつまいも✨

大きさにもよりますが、さつまいも1本あたりの量が約220グラムなので、さつまいもを1本食べれば、1日に必要な食物繊維の1/3以上を補えますよ(*^^*)

更にさつまいもには体に嬉しい栄養素もたっぷりで、カリウム(水分を排出してくれる浮腫解消)やビタミンも豊富です(*^^*)

ビタミンEには血行を促進する作用があるので冷え性を改善してくれます♪血行が促進されることで肌の代謝がアップし、日焼けやシミの原因であるメラニンの蓄積を防ぐことができるのです(*^^*)b

そしてビタミンCは抗酸化作用があります♪肌の老化や黒ずみを改善するのに効果的です(*^^*)さらに!体内のコラーゲン生成を促進するので、肌の弾力を保ったり、骨を丈夫にしたりする効果がありますよ(*^^*)b

白米やパンよりも低カロリーかつ満腹感が出るので主食の置き換えにも適しています♪

なぜ主食と置き換えてもいいのか、それにはGI値が関係しています(*^^*)

GI(ジーアイ)値とは、Glycemic Index(グライセミック・インデックス)の略で、食後の血糖値の上がりやすさを表す指数のことです(*^^*)

GI値が低い食材ほど血糖値が上がりにくいため、糖を脂肪に変えるインスリンの分泌量が減ることで太りにくくなるんですよ♪ということは、、、

そう!さつまいもはGI値が低いんです(*^^*)b

たとえば、白米のGI値は84、食パンは91に対して、さつまいもはなんと54!!食べても太りにくいワケなのです( *´艸`)

ということで、今日は行きつけの産直で美味しそうなさつまいもをゲットしました✨

品種は「紅あずま」です♪

このお芋は、焼くとねっとりしっとり系の食感でとっても甘いのが特徴です(*^^*)

私が買ったものは皮の部分に蜜が出ていたので甘いこと間違いなし( *˙ω˙*)و グッ!

ということで、電気圧力鍋で30分ほど蒸してから、オーブントースターで15分ほど焼いてみました( *´艸`)

出来上がりは〜〜?

じゃーん!見てこの黄金色!( *´艸`)

後ろのお芋も蜜が照り照りです✨美味しそう、、、(*´﹃`*)

我が家では蒸してから焼いていますが、ここがさつまいもの甘さを出すポイントなんです✨

じっくり蒸すことで甘味を出して、その後に焼くことで余分な水分を飛ばしてさらに甘味を引き出します( *´艸`)

とっても美味しかったです ŧ‹”((。´ω`。))ŧ‹”

コメント

タイトルとURLをコピーしました